完全成果報酬型の営業代行・アポ獲得代行ならアズ株式会社 | コストコ、本当に安いの・・?のページです。

コストコ、本当に安いの・・?

2016.10.17

こんにちは。

昨日、新三郷のコストコに行って参りました。

 

まあ、めちゃくちゃ広いし、兎に角、安い!

しかも、驚くことに食事まで売っていて破格の値段でした。

 

ホットドックとドリンクが飲み放題で180円。

いろんな国の人がいてまるで外国でした。(笑)

 

タダの、感想文のようになりましたが、

店内を回るときに、こんな疑問が浮かびました。

 

・コストコって本当に安いの?

・どうやって儲かってるの?

 

さて、早速ですが調べてみました。

まず、コストコは日本に来て17年、国内25店舗、

全世界では約700店舗と、グローバルカンパニーです。

 

ビジネスモデルとしては、

 

コストコは会費(1年更新)を払ったお客に、割安な価格で商品を提供しているという感じです。

※ちなみに今年の9月から会員費が4000円⇒4400円に上がったそうです。

 

↓コストコの決算資料でてきました。

売上高  1136億ドル(約11兆5000億円)
会費収入 25億3300万ドル(約2580億円)
仕入原価 1010億6500万ドル(約10兆3000億円)
販管費 114億4500万ドル(約1兆1600億円)
開店準備費用 6500万ドル(約66億円)

 

売上原価89%・・。

半端ない・・。

まさに薄利多売。

これは安いだろう。と判断してもよさそうですね・・。

 

あとは数値を見てみると、利益の大半を

会費収入で得ているのがわかりますね。

 

調べてみると会員の90%が更新するようです。

 

最初は、規模の原理で買いたたいて、販売+会員費で

大きく儲けてるかと思いきや、コストコの

『できるだけ安く売る』は実現されていた・・。

 

 

我々もコストコの会費収入のように

ストック型のモデルを積み上げたいですね。

 

そんなことを考えていた一日でございました。

 

今週も頑張りましょう!

 


この記事を書いた人

若井田 徹

お客様の声

サービス一覧

創業者の想い

お問い合わせはこちら

Top