完全成果報酬型の営業代行・アポ獲得代行ならアズ株式会社 | 【#448 嗜好の思考】のページです。

【#448 嗜好の思考】

2021.05.31

こんにちは!今週も始まりました。
そして、5月が終わっちゃいます。
あ、そうそう。
私の住む国分寺では、昨日の午後、唐突な雷雨が2回もありましたが、皆さんの所は大丈夫でしたか?
1回目は近所の買い物から帰宅した直後、2回目は出掛けようとする直前、てことで運良く私は濡れたりすることはありませんでした。

さて、こんな話題から。
高1女子「動かせないんですけど」、無施錠の自転車に錠かける警官…驚きの啓発活動

駅の駐輪場等の施錠をしてない自転車に警察が施錠して回るという山形県でのお話。
田舎なんでまだまだ施錠していない人が多いよね、というちょっとほのぼの感のある記事かと思ってたのですが・・・・・。
よくよく考えると、他にも警察により施錠された人がいっぱいいる中、話を聞く(取材する)のが「高1女子」である必要は全くなく、もっと言うなら「高1」と学年まで書く必要性はあったのか?とか思うんです。
てことで、これ書いた記者の嗜好が透けて見えると感じるのは私だけですか??

LGBT理解促進法案 今国会提出見送りへ 自民党意見集約に至らず

う~~~ん、色々と難しい問題ですね・・・・・。
そもそもが、理解の促進を法案で決めることなのか?てのも疑問なところではあります。
これ系て保守系の議員さんほど反対するイメージなんですが、江戸時代までの日本はこういうの世界でも最高峰レベルにおおらかだったハズなんですけどね。
とはいえ、当事者が権利を声高に叫ぶのにも違和感を覚えます。
因みに、私は前職で複数のいわゆるニューハーフさんと知り合う機会があり、全く接点が無い人よりは理解あるつもりではあります。
結論、どんなタイプの人でも、いるのが当たり前の世の中の方が私はいいと思ってます。
尚、この一番手前の子みたいなタイプがいっぱいいる世の中でもいい模様。

キャットストリートにて
【5/29@原宿 コニカC35(フィルムカメラ) 大橋撮影】


この記事を書いた人

大橋 稔

お客様の声

サービス一覧

創業者の想い

お問い合わせはこちら

Top