第二十回:阪神タイガースとオークランド・アスレチックス

10月に入り、2012年も残り2ヶ月あまりになり、
プロ野球のペナントレースも終わってしまいましたね。
金本選手、石井琢朗選手、城島選手、小久保選手と、
丁度、私が小学校の頃(一番、プロ野球の結果に一喜一憂していた頃)に好きだった選手が
引退していくのは、非常に悲しいものがあります。

さて、ペナントレースはというと、
セリーグは、巨人、中日、ヤクルト、広島、阪神、DeNAという順位となり、
パリーグは日ハム、西武、ソフトバンク、楽天、ロッテ、オリックスという順位となっております。

チームの総年俸が全体1位の阪神タイガースが、セリーグ5位に終わったこと以外は、
まあ、順当な結果のように思います。

年俸は、選手の能力値につけられるので、
平均年俸が高いチームは、当然、「戦力」が高いと考えられ、
年俸が高いチームの成績が良いのは至極当然なんですね。
と、私は考えています。

下記のような感じ。

○セリーグ

球団名ペナントレース順位年俸順位
巨人1位2位
中日2位3位
 ヤクルト 3位4位
広島4位6位
阪神5位1位
DeNA6位5位

○パリーグ

球団名ペナントレース順位年俸順位
日ハム1位3位
西武2位2位
ソフトバンク3位1位
楽天4位5位
ロッテ5位6位
オリックス6位4位

※年俸は外国人選手を含めた順位です。

なんか切ないですよね。
広島と、阪神、巨人との全体年俸差は2倍以上あります・・・。
ロッテや広島が優勝することは、本当に凄いことなんです。

やまもといちろう氏がブログで、アスレチックスの快進撃を絶賛していたので、
ついでにメジャーリーグに関しても、プレーオフ進出チームのみ調べてみましたが、
まあ、日本と同じ感じですね。

きっと、台湾リーグや、韓国リーグも同じなのでしょう。
総年俸にチーム成績は関連しており、
ナリーグ東地区年俸1位のフィリーズ、アリーグ西地区年俸1位のエンゼルスを除き、
各地区の年俸1位チームが、順当にプレーオフに進出しています。

ナショナルズも地区の中では、
年俸最下位ですが、メジャー30チーム中20位(つまり金満球団が多い地区)で、
メジャー30位中29位のアスレチックスに比べると、下剋上という印象は薄れます。 アスレチックスの快進撃は本当に、奇跡的なことだということがわかります。

○MLB

球団名順位年俸順位
ヤンキースアリーグ東地区1位アリーグ東地区1位
オリオールズワイルドカードアリーグ東地区3位
アスレチックスアリーグ西地区1位アリーグ西地区最下位
タイガースアリーグ中地区1位アリーグ中地区1位
レッズナリーグ中地区1位ナリーグ中地区4位
ナショナルズナリーグ東地区1位ナリーグ東地区最下位
ジャイアンツナリーグ西地区1位ナリーグ西地区1位
カージナルスワイルドカードナリーグ中地区1位

※年俸は、「米国ニュースサイトUSA TODAY」より

と。

今回のコラムは、別に、ベースボール、野球の話がしたいわけではありません。
経営者は、何事もビジネスに結びつける脳になり、純粋に物事を楽しめなくなります・・・。

勘の良い人、想像力が豊かな方は、今出したデータだけで、
思考を巡らせることが出来ているのではないでしょうか?

そうです。

我々のような、ベンチャー企業は、
「採用にお金をかけられません。」
「採用に工数もかけられません。」
「大きくなるまでは、年俸もそんなに出せません。」
といった状況にある場合がほとんどです。
※もちろん、採用にお金をかけまくっているベンチャー企業もありますが。
 端から見ると、死に急いでいるようにしか見えません。

そういった、採用にお金がなかなかかけられない中で、
自分たちより、総年俸(戦力)の高い、競合会社を倒していかなければなりません。

戦力が低い中、プレーオフに進出したアスレチックスに、
我々ベンチャー企業が学べる点は多いのではないのでしょうか。

また、大企業は、今年の阪神タイガースを反面教師にするべきです。
チームの高齢化、助っ人率の高さなど。

ペナントレースの結果を見ながら、そんなことを考えた10月でした。

おわり

あと、本コラムも遂に、今回で二十回目を迎えました。
毎度、ネタ不足に悩まされながらも、
「漫画ネタ」や、「役員就任あいさつ」、「芸能界ネタ」などをねじ込み、
何とか、ここまで続けられることが出来ました。

今後も、ストップがかからない限り、書き続けてまいりますので、お付き合い頂けましたら幸いです。

お気軽にお問い合わせください。03-5227-6211営業時間|10:00-18:00 [ 土日・祝除く ]

メールでのお問い合わせはこちら