会社概要

商号アズ株式会社
代表取締役工藤 拓矢
事業概要-コールセンター業務
-営業企画・営業開発業務
-新規事業・新規企画・広報・プロモーション企画開発業務
-販促・営業・マーケティングプロジェクト受託管理・代行業務
-戦略的アウトソーシング業務
-研修事業
設立2006年2月 / 2006年11月 アズ株式会社に改組
資本金10,000,000円
本社所在地〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6-46 ローベル神楽坂10階
TEL03-5227-6211
FAX03-5227-6212
コールセンター拠点コールセンター機能のみのため住所・連絡先は非開示
その他レジリエンス認証 認証・登録番号R0000001
「えひめ・チアカンパニー」認定会社
適格請求書発行
事業者登録番号
T3010001123647
主要お取引先企業様
(アイウエオ順)
-株式会社アト様
-株式会社アルファクス・フード・システム様
-株式会社ECホールディングス様
-株式会社イントゥワン様
-株式会社ATCネットワーク様
-株式会社エスプール様
-NECグループ様
-株式会社エヌティ・ソリューションズ様
-沖電気グループ様
-カシオグループ様
-株式会社グロップ様
-株式会社コーチング・ジャパン様
-株式会社コミクス様
-株式会社コンバージョン様
-株式会社サスライト様
-株式会社菅乃屋ミート様
-三三株式会社様
-株式会社ジーニー様
-セレクチュアー株式会社様
-チームラボ株式会社様
-株式会社デジタル・ナレッジ様
-株式会社TRN様
-日本ダグラスラボラトリーズ株式会社様
-株式会社ネットプロテクションズ様
-株式会社ネットマン様
-株式会社ファインドスター様
-株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ様
-ビクターエンタテインメント株式会社様
-株式会社リアルグローブ様
-株式会社リクルート様
※他、1000社以上の法人様とのお取引実績あり

アクセスマップ

コンプライアンス体制

基本的な考え方

当社は、堅確な事務処理、誠実かつ親切な態度、正確で的確な金融情報・サービスの提供を行うことにより、地域社会やお取引先からの信頼を確立していくことが、何よりも重要であると認識しております。

そしてこの信頼は役社員一人ひとりの信用の積み重ねによって得られるものであり、そのためには一人ひとりがしっかりとした倫理観を持ち、法令やルールを遵守することが基本になると考えております。

体制の整備状況

当社は、コンプライアンス(法令遵守)を経営の最重要課題の一つとして位置づけ、その実践にかかる基本方針及び遵守基準を制定しております。また、本部にはコンプライアンス統括部署を設置し、各部店には「コンプライアンス担当者」を配置するとともに、コンプライアンス態勢、倫理綱領、勤務の心得等を記載した「コンプライアンス・マニュアル」を制定・配付し、全役社員に反社会的勢力との関係遮断、顧客保護、個人情報保護等を含めた法令遵守の徹底を図っております。さらに年度ごとにコンプライアンス・プログラムを策定し、外部講師招聘による役社員を対象としたコンプライアンス研修の開催、コンプライアンスチェックや社内勉強会の定期的な実施などによりコンプライアンスマインドの醸成・定着化に努めております。なお、コンプライアンス・プログラムの進捗状況については、半年ごとに取締役会に報告する体制をとっております。

なお、当社グループにおいて組織的または個人的な法令等違反行為に関する通報または相談の適正な処理の仕組みとして、「コンプライアンス・ホットライン」を設け、これを運用する「コンプライアンス・ホットライン規程」により法令等違反行為に関する通報等の体制を整備、法令等違反行為の早期発見と是正を図っております。

反社会的勢力の排除に向けた取り組みについては、「コンプライアンス・マニュアル」に反社会的勢力に対する心構え、対応等を示し、全役社員の反社会的勢力排除に対する意識を高めております。

アズ株式会社
代表取締役 工藤 拓矢

アズ株式会社の企業倫理

(1)信頼の確立
私たちは、会社のもつ公共的使命の重みを常に認識し、健全な業務運営を通じて揺るぎない信頼の確立を図ります。
(2)お客さまの満足度の向上
私たちは、お客さまの立場に立って、誠実かつ心のこもった対応、質の高いサービスや適切な情報提供により、お客さまの満足度の向上を目指します。
また、経営内容や商品・サービスの質的向上とセキュリティレベルの向上や災害時の業務継続確保などお客さまの利益の適切な保護にも十分配慮し、内外の経済・社会の発展に貢献します。

(3)法令やルールの厳格な遵守
私たちは、いやしくも社会的規範にもとることのないよう、一人ひとりがあらゆる法令やルールを厳格に遵守し行動することにより、誠実かつ公正な企業活動を遂行します。
(4)社会とのコミュニケーション
私たちは、経営等の情報の積極的かつ公正な開示をはじめとして、広く社会とのコミュニケーションを図ります。
(5)全社員の人権の尊重等
私たちは、全社員の人権、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保します。
(6)環境問題への取組み
私たちは、資源の効率的な利用や廃棄物の削減を実践するとともに、環境保全に寄与するサービスを提供するなど、環境問題に積極的に取り組みます。
(7)地域社会への貢献
私たちは、地域会社として、地域社会の繁栄に貢献し豊かな町づくりに奉仕します。
(8)反社会的勢力との関係遮断
私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは断固として対決し、関係遮断を徹底します。

「アズ株式会社」 社名の誕生について

『世界で"唯一の価値"を持つ1流の人財が、
 彼らの個性と強みを活かしながら 自分らしく働ける環境を創ることを通じ、
 関わるプロジェクトの立ち上げから 終わりまでを完遂する組織であり続けたい・・・』
という想いを込めて、 AsZという名前を命名致しました。

本質重視性

目に見える現象や、表面的なことがらだけに捉われることなく、
万物の原点・本質、現象の全ての始まりの追求に尽力する、
1流のプロジェクトメンバー(Aクラス)のコミットメントをあらわす。
アズが関わるあらゆるプロジェクトの本質を、1流のプロジェクトメンバーが
追求し続ける、『本質重視性』をイメージ。A's (1流のプロジェクトメンバー陣)

※A=全ての始まり、あらゆる事柄の、究極的原点、という意味も含みます

自然体の追求

常識・一般論・既存の発想から、常に自由であること、
アズに関わるプロジェクトメンバーが、彼ら自身あるがまま(as)に、
自然体で仕事に取り組める文化を重視していることをあらわす。
また、固まった考え、従来の発想に捉われることなく、
物事の本質をあるがまま(as)に捉えるという意味もある。
『自然体』の徹底追及をイメージ。

As you are. (あなたのあるがままに)
As it is. (物事のあるがままに)

※as=~のような、~ままに、等という意味を持つ助動詞です

絶妙なバランス感覚に基づく包括性

提案だけでなく、オペレーションだけでもない。
仕事だけでなく、遊びだけでもない。
部分解決ではなく、全部解決を志す(AtoZ)。
一部分に偏るのではなく、あらゆるエリアに、最適のバランスを創り込む。他社には絶対に見られない、プロジェクトに対する、
圧倒的な『包括性』をイメージ。

A to Z
※A to Z=イチから最後まで、という意味を持つ熟語です

ロゴの由来

コンセプト:人と会社の成長

成長意欲のある若者(緑の芽)に、前進し成長の場を提供する光(黄色)と水(青色)を 常に提供し、地球という広大な台地の中で、AsZに関わった若者達が大きく成長していくこと。
また、合わせて、会社が地に根を張るように着実に信頼を積み重ね、希望の兆しを絶やすこと無く 無限に前進し、成長し続けることも意味する。

お気軽にお問い合わせください。03-5227-6211営業時間|10:00-18:00 [ 土日・祝除く ]

メールでのお問い合わせはこちら