第三十三回:ビジネスで使える撤退戦の戦い方

いよいよ、2013年も5月に入りました。アズ株式会社にとっては決算月で御座います。
1円で多くの利益を積み上げられるよう、現在、社内向け、社外向けと、様々な決算企画を進めております。

1円でも多くの利益を積み上げるために、ただただ、頑張ろう!で済むほど、ビジネスは簡単ではありません。
当社は現在進行形でも、100社前後のお客様とお取引させて頂いておりますが、
当然(当然という言葉を使いたくはありませんが)、
全てのお客様で利益が出ている訳ではありません。
正直、原価割れしている、不採算案件も一部御座います。

そして、我々は、利益を最適化していくために、
そういった不採算案件に対して、投資続行か、撤退かを適切に判断していかなければなりません。

投資続行ばかりしていると潰れてしまいますし、
即撤退ばかりしているとノウハウも堪っていきません。
※「案件」を「人材」に置き換えても、楽しんで頂けると思います。

・「○○事業の赤字○○億円!○期連続赤字!!」
・「○○工場閉鎖!○万人の希望退職募集!」
・「債務超過」

など、経営者が判断を誤った結果が、経済誌を賑わしていますが、当社が、そうならないように、
私自身、神経をキレッキレッに研ぎ澄まして参ります。

さて、上に書かせて頂いた話は、会社、ビジネスの中だけでの事象ではなく
我々が常日頃直面している問題にも当て嵌められるものでも御座います。

・悪友?との関係。
・彼女、彼氏との関係。
・ギャンブル関係。
など。

会社でもそうですが、上のような事例で、「投資続行」か、「撤退」なのかで分けてみますと、
一度付き合った彼女と別れるのが意外と大変なように、「撤退」のほうが、
難易度が非常に高いことがおわかりになるかと思います。
※もちろん、そうでない強者もいらっしゃるかと思いますが。

まず前提として、「撤退」は大変なので、付き合う際は、相手を慎重に見極めることが大切なのですが、
とはいっても、仕事も人生も、撤退戦の連続です。
そして、撤退戦こそ、実は、ビジネスマンの腕の見せ所なのです。
撤退戦を任せられたら、ビジネスマンとして自信を持っていいでしょう。

ということで、次回は、ビジネスにおける撤退戦術に関して、書かせて頂きます。

お気軽にお問い合わせください。03-5227-6211営業時間|10:00-18:00 [ 土日・祝除く ]

メールでのお問い合わせはこちら